イベント・講座

rss

真言勧学之会主催「五法流の護摩法を学ぶ」のご案内

真言勧学の会では、伝授阿闍梨に諸先生をお招きして、事相伝授会「五法流の護摩法を学ぶ」を開催することとなりました。
滅多にない勝縁でございます。皆様方には、万障お繰り合わせの上、ご受講いただきますよう、お勧めかたがた御案内申し上げます。
 
 
■伝授概要 真言宗における護摩法の伝授
 
 護摩祈祷の修法は護摩木を焚いてご本尊さまをご供養することにはじまる、荘厳で厳粛な宗教儀礼であり、おもに真言宗や天台宗などの密教寺院において、現在も修せられています。
 護摩とはサンスクリット語のホーマ(homa)を音訳して書き写した語であり、「捧げものをすること」という意味です。古代インドで紀元前1200年頃から成立したヴェーダ聖典にも出ているバラモン教の宗教儀礼であり、さらに遡れば、インド・イラン共通時代のアーリア人の宗教儀礼としての火炎崇拝に起源を持ちます。仏教には釈尊入滅から約500年後に発生した大乗仏教の成立の過程でバラモン教から取り入れられた、と考えられています。そのため、護摩法は密教(大乗仏教の一派)にのみに存在する修法です。
 わが国では、弘法大師空海(774~835)が延暦23年(804)に入唐。師である恵果阿闍梨より両部の大法を相承して、大同元年(806)に帰朝されました。大師も密教修行の一つとして、唐朝から護摩法を請来されたことでしょう。『弘法大師全集』第二輯にも、御作として「護摩次第」や「護摩口決」が収録されています。
 今日、我々が行っている二利双修の修法と法会は、その本来の意義や伝統を忘れてしまっていることも、少なからずあると思われます。今一度、その意義を確かめながら、諸流における護摩法の伝授をすすめていきます。本会では、勧修寺流、中院流、西院流、三宝院流憲深方、新安祥寺流に伝わる護摩法を、伝授阿闍梨様から、それぞれ伝授していただけるよう企画いたしました。
 なお、伝授初日には、各法流の略許可をしていただきます。
 
■内 容
 
第一会 三宝院流憲深方の護摩法
伝授阿闍梨 潮 弘憲僧正(種智院大学教授、真言宗大覚寺派 海福寺住職)
護摩法の概説と成賢『不動護摩私記』を中心に伝授いただきます。
 
平成30年7月10日(火)13時-16時30分・11日(水)9時30分-16時
 
 
第二会  勧修寺流の護摩法
伝授阿闍梨 大林教善僧正(四国八十八ヶ所霊場会会長、真言宗善通寺派 甲山寺住職)
後七日御修法勧修寺流の息災法と増益法の護摩を伝授いただきます。
 
平成30年10月31日(水)13時-16時30分まで・11月1日(木)9時30分-16時
 
 
第三会 西院流の護摩法
伝授阿闍梨 村主康瑞猊下(種智院大学学長、大本山中山寺長老)
西国24番札所・中山寺に伝わる御次第をもとに、御本尊十一面観自在菩薩さまについての供養法と護摩法を西院流で、また後七日御修法における西院流の護摩法についても伝授いただきます。
 
平成31年2月5日(火)13時-16時30分・6日(水)9時30分-16時
 
 
第四会 中院流の護摩法
伝授阿闍梨 中西雄泰僧正(高野山大学非常勤講師、高野山真言宗 釈迦文院住職)
星供に修せられる北斗息災護摩を伝授いただきます。
 
平成31年5月8日(火)13時-16時30分・9日(水)9時30分より16時
 
 
第五会 新安祥寺流の護摩法
伝授阿闍梨 上田霊宣僧正(真言宗御室派 延命寺住職)
護法神である四天王の主尊であり、財福神でもある毘沙天を中心に、新安流にもとづいて天部の供養法と増益護摩法を伝授いただきます。
 
平成31年8月19日(月)13時-16時30分・20日(火)9時30分-16時
 
※阿闍梨さまの都合により、日程と順序が変更になる場合があります。
 
■会 所
種智院大学  近鉄向島駅下車 徒歩10分
〒612-8156 京都市伏見区向島西定請70番地
 
 
■テキスト 当日、受付で次第等を配布します
 
■持参物 筆記道具をご持参下さい。
 
■支具料 8万円(テキスト代を含みます)
未会員の方、別途入会金1万円
 
■受講資格 伝法灌頂に入壇した者
 
■定 員 100名
 
■問合せ先
真言勧学之会事務局 FAX0736-73-7475
〒649-6554 紀の川市別所58
※お問い合わせは、ファックス、手紙、葉書にてお願いします。
お電話のお問い合わせは、かたくお断りします。
 

声明公演「みほとけの音聲」がラジオで紹介されます。

3月13日に行われた第2回声明公演「みほとけの音聲」が下記の放送局で紹介されます。
本学と叡山学院での練習風景から本番まで取材していただきました。
是非お聴きください。
 
 
放送局  ラジオ関西
放送日時 4/13(金) 16:30~
番組名  「時間です!古田編集長」
”みほとけの音聲”につきましては17:30頃から約15分間ほど放送されます。
なお、スマートフォンの無料アプリrajikoでも聴取できます。
 
 

第3回臨床宗教師養成講座 参加者募集について

種智院大学臨床密教センターでは平成30年5月より、下記の要領で臨床宗教師養成講座を実施します。
参加を希望される方は募集要項をご確認いただき、参加申込書を臨床密教センター事務局までご送付ください。
 

日 程 全体会1:平成30年5月9日(水)~11日(金)
全体会2:平成30年6月5日(火)~6日(水)
全体会3:平成30年7月3日(火)~4日(水)
*各全体会(合宿形式)の合間に、医療福祉施設での分散実習を行います。
全体会会場 全体会1、3:大本山 石山寺(滋賀県大津市石山寺1-1-1)
全体会2:天台寺門宗総本山 三井寺(滋賀県大津市園城寺町246)
募集人数 10名程度
対象者 真言宗及び天台宗の僧籍を有するもの
種智院大学の建学の精神に基づいて運営される講座の趣旨に賛同できる仏教者。
申込締切 2018年4月11日(水)必着

その他詳細は下記リンク先からご確認ください。
 
 
臨床密教センター
 
 
 

臨床密教センターが日本臨床宗教師会に認定されました。

本学臨床密教センターが、3月5日に一般社団法人日本臨床宗教師会に臨床宗教師養成プログラムの実施機関として認定されました。
 
臨床密教センターでは、平成27年度より活動を開始し臨床宗教師の養成を行ってきました。
今年度の養成講座募集の詳細は近日中に種智院大学ウェブサイトにて公開いたします。
 
ご興味のある方、参加を希望去る方は本学臨床密教センターまでお問い合わせください。
 
認定証 臨床宗教師
 
 
臨床密教センター

お問い合わせ
種智院大学 臨床密教センター
〒612-8156 京都市伏見区向島西定請70
Email: rinmitsu@shuchiin.ac.jp
Tel:075-604-5743
Fax:075-604-5646
※お問い合わせはEメールもしくはファックスでお願いします。
(原則として火曜・木曜に事務補佐員が在室)

大正大学との包括的連携協定について

 平成30年3月5日(月)午後4時。大正大学(東京都豊島区西巣鴨3-20-1)で、種智院大学(村主康瑞学長)と大正大学(大塚伸夫学長)は「種智院大学と大正大学との包括的連携に関する協定」(以下の内容)を結びましたのでお知らせします。
 
30taisho01
 
 種智院大学と大正大学(天台宗・浄土宗・真言宗豊山派・真言宗智山派の4宗派により創設)は包括的な連携のもと、教育、研究、地域貢献等の分野において広く連携を図り、両大学の一層の発展を目指します。

種智院大学と大正大学との包括的連携に関する協定書(概要)

(1)教育・研究の推進に関すること

(2)教育課程の編成・実施・共同に関すること

(3)教育プログラムまたは教材の共同開発及び開発成果に基づく授業の実施に関すること

(4)教職員の共同研究、学術交流に関すること

(5)単位互換及び学生の派遣・受入(国内留学含む)

(6)学生及び教職員の交流に関すること(教職員の出向・派遣含む)

(7)教職員の協働FD・SDに関すること

(8)教育・研究を目的とした学内の施設・設備の共同利用に関すること

(9)地域の活性化、振興、教育、研究、プラットフォームに関すること

(10)その他前条の目的に資すること

以上
 
  
30taisho02
  
■取材に関するお問い合わせ
種智院大学 事務室
電話 075-604-5600(代)FAX 075-604-5610

平岡宏一客員教授 出版のご案内

本学客員教授平岡宏一先生の著書『秘密集会タントラ概論』が法藏館から出版されました。
平岡先生は長年チベット密教を研究され、著書も多く、ダライ・ラマ法王14世の説法会において度々日本語通訳としてご活躍されています。
 
本学においてもチベット密教について教鞭をとられ毎年多くの受講生・聴講生に向けて難解な思想をわかりやすく講義いただいています。
 
 
『秘密集会タントラ概論』
平岡宏一著
A5 256頁 2018.03
978-4-8318-6370-6 法蔵館
税込3,456円
 
 
平岡宏一客員教授(本学教員紹介)
著書詳細

平成30年度入学宣誓式およびオリエンテーションについて

平成30年度入学宣誓式およびオリエンテーションを下記の日程で執り行います。
 
平成30年4月2日(月)
開式 10:00(入学予定者は9時45分までに受付をすませてください。)
 
式終了後、新入生・保護者オリエンテーション等を行います。
入学予定者の方には、入学式のご案内および関係書類を発送していますので、そちらも併せてご確認ください。
 
病気ややむを得ない理由で出席できない方は、下記まで速やかにご連絡ください。
 
 
お問い合わせ
種智院大学 事務室
075-604-5600(代)
平日9:00-17:00 土9:00-12:30

平成29年度卒業証書・学位記授与式について

平成29年度卒業証書・学位記授与式を下記の日程で執り行います。
 
平成30年3月15日(木)
開式 10:00(卒業予定者は9時45分までに受付をすませてください。)
 
なお、式終了後、別会場に移動し卒業生送別懇親会を開催いたします。
送別懇親会には保護者、在学生等は入場いただけませんのでご了承ください。
 
その他、式および懇親会の詳細は卒業確定通知に同封いたします。
病気やその他やむを得ない理由で出席できない方は、下記まで速やかにご連絡ください。
 
卒業証明書、その他証明書が必要な方は、事前に教務担当へお申込みいただければ式当日にお渡しできます。
 
 
お問い合わせ
種智院大学 事務室
075-604-5600(代)
平日9:00-17:00 土9:00-12:30

一般入試3・社会人入試・編入学試験の募集について

平成30年度一般入試3、社会人入試6、編入学試験6の募集期間は下記の通りです。

一般入試3の試験科目は小論文と面接です。試験の詳細は下記リンク先からご確認ください。
 
 
入試日程

区分 出願期間 試験日 合格発表日 手続締切
一般入試3

社会人入試6

編入学試験6

2/28(水)~3/12(月)  3/14(水)  3/17(土)  3/22(木)

※願書提出:郵送は締切当日消印有効、持参は締切当日17:00まで(土曜は12:30まで)
 
 
一般入試3
社会人入試6
編入学試験6

平成30年度 聴講生・科目等履修生の募集について

平成30年度聴講生・科目等履修生を下記の日程で募集します。


出願期間 平成30年3月20日(火)~3月31日(土)必着


聴講生とは本学で開講される講義から好きなものを選び、受講するものです。
登録料は5000円、1単位11000円で半期15回の講義を聴講することができます。


科目等履修生とは受講した講義で試験を受け、合格すれば単位が認定されるものです。
登録料は5000円、受講料は1単位13000円です。


聴講生・科目等履修生は本学図書館の利用も可能です。
詳細は下記リンク先からご確認ください。
願書が必要な方は教務課までご連絡ください。


聴講生 詳細
科目等履修生 詳細


●聴講生・科目等履修生の願書請求
種智院大学 教務課
TEL:075-604-5600(代)