インフォメーション

rss

悪天候による休講措置について

悪天候による休講措置について

 

暴風警報及び特別警報(大雨・暴風・暴風雪)が京都府南部・滋賀県・大阪府・奈良県北部・兵庫県南部(ただし、二次細分区域による播磨北西部・播磨南西部・淡路島を除く)のいずれかに発令された場合。

 

暴風警報の解除時刻

休講措置

午前6時までに解除の場合 平常通り授業を行う
午前7時までに解除の場合 第2講時から授業を行う
午前10時30分までに解除の場合 第3講時から授業を行う
午前10時30分を過ぎても解除されない場合 終日休講

 

このような場合、電話での問い合わせには応じられません。上記規則にしたがって判断をしてください。

休講の決定については本ウェブサイトにも掲載しますが、決定後から時間がかかる場合があります。

 

試験期間中、上記理由での休講について

種智院大学試験実施細則第19条

試験実施当日又は試験実施中に不測の事態が発生した場合は、試験開始時刻の繰り下げあるいは中断などの措置を講じることがある。試験を実施することができなくなった場合又は受験者の相当数について受験ができなくなった場合は試験を改めて実施する。

 

上記規則通りです。

 

また、交通機関が麻痺し通学不能と本学が認めた場合は休講とします。
学生は、学生便覧111ページでも確認してください。

 

 

◇参考:気象庁 気象警報・注意報ページ

【重要】10:30追記 悪天候による休講(試験含む)について

本日、悪天候による交通機関の乱れのため、規定通り1・2講時目の試験は休講とします。
 
総合英語B
社会福祉援助技術総論B

追記
3限目:精神医学B・精神保健学B
4限目:精神科リハビリテーション学B

  
試験の振替日程については、決まり次第お知らせします。
午後からの試験については午前10時の交通状況を見て判断します。
 
 

共通テスト利用選抜Aの出願期間が始まりました。

共通テスト利用選抜Aの出願期間が始まりました。
試験の詳細はリンク先からご確認ください。
 
共通テスト利用選抜
  
出願期間:2023年1/6(金)~2/1(水)※当日消印有効
試験日 :個別試験なし
 
 
入試要項・願書等資料請求
 
 
 

【重要】冬期休暇期間(12/27~1/4)における注意事項

冬期休暇期間における事務取扱、各種申込・問い合わせ受付、図書館利用等は下記の通りです。
  
【事務取扱休止日】
令和4年12月29日(木)~令和5年1月4日(水)
  
【図書館休館日】
令和4年12月27日(火)~令和5年1月4日(水)
 
【学生食堂休業日】
令和4年12月27日(火)~令和5年1月4日(水)
  
【各種証明書、学割等の発行】
令和4年12月27日(火)までの受付につきましては、28日までに発行・発送いたします。
それ以降の受付分につきましては、令和5年1月5日(木)以降の発行・発送となります。
  
※証明書の種類によっては日数をいただく場合があります。
 
 
【大学案内・願書の発送、キャンパス見学】
令和4年12月28日(水)午前中までの受付につきましては、即日発送いたします。
それ以降の受付は令和5年1月5日(木)からの発送となります。
キャンパス見学につきましても上記事務取扱休止日は受け付けておりません。
 
 

図書館・学術情報センター
証明書発行について
キャンパス見学
入試概要

3/18 公開講座『釈摩訶衍論と空海の思想』開催します。 

下記の概要で公開講座を開催します。
ぜひご参加ください。
※開催時間を修正しました。 
 
公開講座『釈摩訶衍論と空海の思想』
釈摩訶衍論は、弘法大師空海が真言教学を形成する過程で活用したことで有名です。今回の講座では、本書と空海の思想の関連について、これまであまり指摘されて来なかった内容を皆さんにご紹介できたら、と考えています。
 
講 師:早川道雄(仏教学科教授)
 
日 時:令和5年3月18日(土)10:30-12:00(受付10:00)13:30-15:00(受付13:00)
 
場 所:種智院大学 講義室204
 
受講料:500円(当日受付にてお支払いください)
 
定 員:50名(先着順)
※申込数が定数に満たない場合は開講しません。
申込方法:電話もしくは申し込みフォーム
 
フォームからの申し込みはこちら
  
お問い合わせ・申し込み
種智院大学 教務課
075-604-5600(月-金9:00-17:00)

3/4 公開講座『精神障害と労働』開催します。

下記の概要で公開講座を開催します。
ぜひご参加ください。
※開催時間を修正しました。 
 
公開講座『精神障害と労働』
 
今、精神障害者雇用数が右肩上がりに伸びてきている。
精神障害者にとって労働することが何故、大切なのか、その意義を探る。
また保護雇用としての就労継続支援A型事業所、就労継続支援B型事業所が精神障害者にとって居場所としての存在価値と労働の場としての存在意義があることを探る。
 
講 師:鴨野直敏(社会福祉学科学科講師)
 
日 時:令和5年3月4日(土)10:30-12:00(受付10:00)13:30-15:00(受付13:00)
 
場 所:種智院大学 講義室204
 
受講料:500円(当日受付にてお支払いください)
 
定 員:50名(先着順)
※申込数が定数に満たない場合は開講しません。
 
申込方法:電話もしくは申し込みフォーム
フォームからの申し込みはこちら

 
お問い合わせ・申し込み
種智院大学 教務課
075-604-5600(月-金9:00-17:00)

令和5年度大学入学共通テスト「京都大学・種智院大学試験場」について

令和5年1月14日(土)・15日(日)に行われる「令和5年度大学入学共通テスト」の試験場についてご案内します。
  
本学(種智院大学・伏見区向島)では共通テストを実施せず、
京都大学・種智院大学試験場」として京都大学吉田南総合館(京都市左京区吉田二本松町)で実施します。
 
受験票に「京都大学・種智院大学試験場」と表記してある受験生は試験場にご注意ください。
 
 

公開講座『平安京の慈善救済と仏教』について

以下の日程で公開講座『平安京の慈善救済と仏教』を開催します。
会場はキャンパスプラザ京都になります。
 
事前予約不要です。
 
平安京の慈善救済と仏教
講師:佐伯俊源(本学教授)
聴講無料・予約不要
 
日時:令和4年11月26日(土) 13:30~15:00
会場:キャンパスプラザ京都
→google Mapでみる
 
 
【講座概要】
 いつ、いかなる時、処においても、人間生活には老死、病気、貧困、災害などの様々な苦悩があり、またそれを救い乗り超えんとする公私の営みがありました。
 わが国古代以来の政治・文化の中心地であった平安京において、それは如何なる様相であったのでしょうか。
 仏教との関連も含めて、探究してみたいと思います。

第27回平安仏教学会学術大会開催について

第27回平安仏教学会学術大会が本学にて開催されます。
詳細は以下の通りです。
 
学会員以外の方の聴講も可能です。
 
令和4年12月9日(金)13時30分より
会場:種智院大学講義室401
(近鉄京都線・向島駅より徒歩10分)
google mapでみる
 
■研究発表(発表20分。質問5分)
 
1.江戸時代における三宝院流憲深方の広まり一金剛福寺旧蔵聖教に注目して一
西弥生(種智院大学准教授)
 
2.最澄撰『決権実論』と徳一撰『教授末学抄』の関係について
吉田慈順(天台宗典編纂所編輯員)
 
3.インド大乗仏教後期における泥製奉献品
那須真裕美(種智院大学非常勤講師)
 
4.義科『枕月集』をめぐる一、二の問題
一色皓湛(天台宗典編纂所編輯員)
  
5.『華厳五教章』の三性説についてー『摂大乗論世親釈』引用の問題点ー
早川道雄(種智院大学教授)
 
6.パーリ文法家モッガラーナと聖典
矢崎長潤(日本学術振興会特別研究員PD・広島大学)
 
 

1 / 4312345...102030...最後 »