インフォメーション

rss

悪天候による休講措置について

悪天候による休講措置について

 

暴風警報及び特別警報(大雨・暴風・暴風雪)が京都府南部・滋賀県・大阪府・奈良県北部・兵庫県南部(ただし、二次細分区域による播磨北西部・播磨南西部・淡路島を除く)のいずれかに発令された場合。

 

暴風警報の解除時刻

休講措置

午前6時までに解除の場合 平常通り授業を行う
午前7時までに解除の場合 第2講時から授業を行う
午前10時30分までに解除の場合 第3講時から授業を行う
午前10時30分を過ぎても解除されない場合 終日休講

 

このような場合、電話での問い合わせには応じられません。上記規則にしたがって判断をしてください。

休講の決定については本ウェブサイトにも掲載しますが、決定後から時間がかかる場合があります。

 

試験期間中、上記理由での休講について

種智院大学試験実施細則第19条

試験実施当日又は試験実施中に不測の事態が発生した場合は、試験開始時刻の繰り下げあるいは中断などの措置を講じることがある。試験を実施することができなくなった場合又は受験者の相当数について受験ができなくなった場合は試験を改めて実施する。

 

上記規則通りです。

 

また、交通機関が麻痺し通学不能と本学が認めた場合は休講とします。
学生は、学生便覧111ページでも確認してください。

 

 

◇参考:気象庁 気象警報・注意報ページ

10月以降の施設使用について

課外活動等における大学の施設使用について詳細が決まりましたので、以下のとおりお知らせします。
なお、これは「種智院大学における新型コロナウイルス感染症拡大防止のための授業指針」のレベル1~2段階において適用されるもので、0の場合は全面解禁、3以上の場合は全面禁止となります。
 
1.体育館
新型コロナウイルス感染症に注意しながら、通常通り使用できます。使用希望日の一週間前までに学生自治会で調整の上、申請してください。
 
2.学生自治会、クラブ・サークル等
(1)学生自治会室
学生自治会の業務のため、少人数での使用は可能です。なるべく短時間で作業を終わらせるようにしてください。
 
(2)クラブボックス
原則として、物置として使用できます。物の出し入れ等での短時間滞在は可能です。
 
(3)降誕会実行委員会室・学祭実行委員会室
他のクラブボックスと同様にします。ただし、コンピュータなど、やむを得ずそこでしか作業ができない場合、2名以内でドアを開放して、使用してください。
 
3.学生ホール
10月以降も、引き続き使用できません。作業等で場所が必要な場合は、空き講義室等を申請して使用してください。
  
4.医務室
学内で体調が悪くなった場合は、事務室にご相談ください。
感染症対策の観点から、風邪症状や頭痛・寝不足・疲れ等でのベッド利用は中止いたします。
日頃から体調管理に留意し、自身の判断で早退、来校を控える等の判断をしてください。
 
5.その他
(1)必要に応じて、学食外テラスなどの使用は認めます。
(2)テラス等での作業が困難な場合、空き講義室の使用を認めます。一週間前までに申請してください。
 
 

【再掲】交通機関の不通、悪天候による警報等発令時における休講措置について

次の(1),(2)いずれかに該当する場合、授業や試験を休止・延期します。
警報の発令・解除及び交通機関の運行状況は、テレビ・ラジオ等の報道機関あるいは気象庁のホームページ等で確認してください。
また、次の基準にかかわらず、本学が授業・試験の実施に支障があると判断した場合は、授業・試験を休止することがあります。
 
 
(1)交通運休による休講措置について
JR(京都線、琵琶湖線、湖西線、奈良線、嵯峨野線)・京阪(出町柳~淀屋橋または中之島間)・阪急(河原町~梅田間)・近鉄(京都~大和西大寺間)のいずれか2つ以上の交通機関が同時に全面的・部分的に運行休止の場合。

 交通機関運休の解決時刻  休講措置
 午前6時までに運行再開の場合  平常どおり授業を行う
 午前7時までに運行再開の場合  第2講時から授業を行う
 午前10時までに運行再開の場合  第3講時から授業を行う
 午前10時を過ぎても運行再開されない場合  終日休講

 

(2)悪天候による休講措置について
暴風警報及び特別警報(大雨・暴風・暴風雪)、特別警報に位置づける警報が京都府南部または京都・亀岡区域(二次細分区域)のいずれかに発令された場合。

暴風警報の解除時刻 休講措置
午前6時までに解除の場合  平常どおり授業を行う
午前7時までに解除の場合 第2講時から授業を行う
午前10時30分までに解除の場合 第3講時から授業を行う
午前10時30分を過ぎても解除されない場合 終日休講

このような場合、電話での問い合わせには応じられません。
上記規則もしくは教員の指示にしたがって判断をしてください。
休講の決定については本ウェブサイトにも掲載しますが、決定後から時間がかかる場合があります。
 
 

新型コロナウイルス感染症に対応した入学試験実施について

2021年度入学試験実施にあたり、国が示す「令和3年度大学入学者選抜に係る新型コロナウイルス感染症に対応した試験実施のガイドライン」に基づき、以下の通り対策を講じたうえで実施します。
 
 
■受験生の皆さんに守っていただきたいこと
1.マスクの着用
発熱・咳等の症状の有無にかかわらず、各自マスクを持参し、試験会場では昼食時を除きマスクの着用を義務付けます。休憩時間や昼食時等は他者との接触、会話を極力控えるようにしてください。
 
2.手指消毒ついて
試験場入口や試験室ごとに速乾性アルコール製剤を配置していますので入退出を行うごとに手指消毒をお願いします。
 
3.付添者の入構について
原則として付添者の構内への入場はお断りします。ただし、付き添いが必要な場合は、受験生と同等の感染予防を講じることを条件に、入場及び指定した控室の利用のみ認めます。
 
4.体調管理について
・発熱・咳・嗅覚・味覚障害等の症状がある受験生は、あらかじめ医療機関にて受診してください。
・新型コロナウイルスに罹患し、試験日までに医師が治癒したと診断していない者や、試験日直前に保健所等から濃厚接触者に該当するとされた者は受験をお断りします。
・試験当日、自宅にて検温をしてください。37.5度以上の熱がある場合は受験をお断りします。
熱はないものの、咳等の症状のある受験生は、その旨を試験監督者等に申し出てください。また、当日試験会場にて検温をお願いする場合があります。
 
 
■安心して受験いただくための対策について
5.試験室・控え室について
試験室・控え室は通常の講義における収容定員の半分程度以内とし、座席は1メートル程度の間隔を確保しています。また一部の窓を開放のうえ換気を行います。
面接試験では受験生と評価者との距離は2メートル以上を確保し、一部の窓を常時開放し、換気を行います。
 
6.試験室の机等の消毒について
試験前日に消毒用アルコール等を使用した清掃を行います。
 
7.試験監督者等の感染対策について
「三つの密」の回避や、マスクの着用、手洗いなどの手指衛生をはじめとした基本的な感染対策の継続など、感染拡大予防を実践します。
 
 
■試験実施方法について
種智院大学の入学試験は京都府の基準を参考に種智院大学独自で判断します。対面での実施が難しいと判断した場合はリモート(ウェブ面接等)で行います。ただし、リモートの環境が整わない受験生は追試となります。試験の実施方法については一週間前を目途に電話で通知します。
対面方式の実施であっても、新型コロナウィルス感染症の影響で来校が難しい場合は追試の対応としますので、申し出てください。
リモートや追試を選択した場合も合否には一切影響はありません。
  
  
■試験後について
試験終了後2週間以内に新型コロナウイルスへの感染が判明した場合は、必ず種智院大学までご連絡ください。
  
  
種智院大学入試担当
Tel: 075-604-5600(代)
Mail: nyushi@shuchiin.ac.jp
 

新型コロナウイルス感染症関連まとめ

種智院大学における新型コロナウイルスに関するお知らせをまとめています。
本学の在学生、科目等履修生向けの情報をまとめています。
高校生、受験希望者への配慮、対応についてはこちらからご確認ください。
 
秋学期は全面対面授業でスタートしましたが、今後の感染状況によっては、京都府のモニタリング指標の状況を参考にしながら学期の途中であっても一部または全ての授業をオンライン授業に切り替える場合があります。
その際は、本学ウェブサイトのインフォメーションで公開しますので、随時確認してください。
また、実習や実技を伴う科目に関しては、春学期同様、別途開講日や実施方法をお知らせする場合があります。
 
京都府のモニタリング指標の状況
種智院大学における新型コロナウイルス感染症拡大防止のための授業指針
 
現在のレベルは 1 です。
 
秋学期授業等に関する方針について 9/16掲出
10月以降の施設利用について 9/25一斉メールしたものに医務室の利用を追記
 
  

    春学期遠隔授業に関するお知らせ

  【重要】本学における新型コロナウィルス感染症対策について 第2報 4/3掲出
  【重要】本学における新型コロナウイルス感染症対策について 3/27掲出
  【学生及び教職員の皆さまへ】新型コロナウイルス感染症対策に関する注意喚起 3/27掲出

  

    授業に関するお知らせ

  【重要】(追記7/22)令和2 年度春学期定期試験について 7/14掲出
  【重要】春学期授業等に関する方針について(第2報) 6/2掲出
  【重要】春学期授業等に関する方針について(第1報) 5/5掲出
  【重要】履修登録科目修正受付期間について 4/13掲出
  2020年度テキスト販売について(4月7日追加有り) 4/4掲出

  

    学生生活・奨学金に関するお知らせ

  【重要】(追記7/23)(2次募集)「学びの継続」のための『学生支援緊急給付金給付金』の申請について 7/7掲出
  【重要】「学びの継続」のための『学生支援緊急給付金給付金』の申請について 5/29掲出
  【重要】健康診断に係るお知らせ 4/17掲出
  【重要】学内奨学金について 4/16掲出
  【重要】休講・遠隔授業期間中の学生相談について 4/16掲出
  【学生】休講・遠隔授業期間中の注意事項 4/7掲出
  
  

    入学希望者に関するお知らせ

  新型コロナウイルス感染症対策に伴う本学2021年度入学試験の対応について 7/31掲出
 
 

高等教育の修学支援制度の対象大学に確認されました

2020年度より開始された「高等教育の修学支援新制度」について文部科学省に確認申請を行い、今般文部科学省より対象機関として確認されました。

本学では従前より「ひとり親世帯等の学生に対する学費減免制度」等で、経済的に厳しい状況での就学を志す学生への支援を行ってきました。
しかし、今般のコロナ禍の状況において、より厳しい経済状況に見舞われる受験生が増えていることに鑑み、今回、申請し確認されました。
 
本学では、引き続き、仏教学または社会福祉学を学びたい学生が安心して就学できるよう引き続き支援していきます。

本学の奨学金との併用については特待生奨学金のみ併用を認めます。
 
手続等詳細は後日お知らせいたします。
 
 
◇文部科学省ホームページ
 高等教育の修学支援新制度 特設ページ
 新たに修学支援の対象機関となる大学等(確認大学等)について
 
◇日本学生支援機構ホームページ
 奨学金の制度(給付型)
 
 

【重要】秋学期授業等に関する方針について(再掲)(追記有)

新型コロナウイルス感染症の感染防止策を十分に取った上で、種智院大学では9月21日(月)から秋学期の全ての授業を対面授業にて実施します。
学生・研究生・科目等履修生の皆さんは、本学に通学できるよう、各自で準備をお願いします。

 

なお、感染状況によっては、京都府のモニタリング指標の状況を参考にしながら学期の途中であっても一部または全ての授業をオンライン授業に切り替える場合があります。
その際は、本学ウェブサイトのインフォメーションで公開しますので、随時確認してください。

 

また、実習や実技を伴う科目に関しては、春学期同様、別途開講日や実施方法をお知らせする場合があります。

京都府のモニタリング指標の状況
種智院大学における新型コロナウイルス感染症拡大防止のための授業指針(9月16日追記)

 

※秋学期からの対面授業に関する相談は、事務室教務課へ申し出てください。

 

1.実施スケジュール(学年暦通り)
・9月16日(水)~9月18日(金) 履修登録科目修正受付期間
・9月21日(月)~1月18日(月) 対面授業
・1月19日(火)~1月25日(月) 秋学期定期試験期間
※履修登録科目修正について、対象者のみ教務課からメールで受付方法をお知らせします。メールの指示に従い、期間内に修正を行ってください。

 

2.感染状況による本学の方針変更・更新等の確認について
これまで通り、本学ウェブサイトのインフォメーションで公開します。
同時にメールで同内容を送信しますので、確認してください。

種智院大学 インフォメーションページ

 

3.休講・補講情報の確認について
これまで通り、本学ウェブサイトの右上に表示されている「学生生活」から「ウェブ履修」を選択し、お知らせから確認してください。

種智院大学 ウェブ履修ページ

ホリデイキャンパス(入試説明会)を開催します。

種智院大学では祝日でもいつも通りの講義を行っている日があります。
本学への入学を考えている皆さまに、その日開かれている講義を体験していただけるよう大学を開放しています。
  
当日は入試説明会を実施します。各入試のポイントを解説し、あなたに合った入試をご案内します。
説明会後に個別相談も受け付けます。
お申し込みは下のリンクから申し込みフォームにアクセスしてください。
 
ホリデイキャンパス開催日
9/21(敬老の日)
9/22(秋分の日)
11/3(文化の日)
11/23(勤労感謝の日)
 
お申し込みフォーム
 
 
 

令和2度秋学期 聴講生・科目等履修生の募集について

令和2年度秋学期 聴講生・科目等履修生を下記の日程で募集します。


出願期間 令和2年8月4日(火)~9月11日(金)必着


聴講生とは本学で開講される講義から好きなものを選び、受講するものです。
登録料は5000円、1単位11000円で半期15回の講義を聴講することができます。


科目等履修生とは受講した講義で試験を受け、合格すれば単位が認定されるものです。
登録料は5000円、受講料は1単位13000円です。


※新型コロナウイルス感染症拡大防止を目的に、秋学期中に対面授業から遠隔授業へ変更があった場合、聴講生は継続しての受講はできません。
また、聴講料の返金はできませんので、あらかじめご了承ください。



聴講生・科目等履修生は本学図書館の利用も可能です。
詳細は下記リンク先からご確認ください。
願書が必要な方は教務課までご連絡ください。


聴講生 詳細
科目等履修生 詳細


●聴講生・科目等履修生の願書請求
種智院大学 教務課
現在、種智院大学では新型コロナウイルス拡大防止のため、時短、交代勤務を行っています。
お問い合わせはメールフォームからいただくとお待たせすることが少なくなります。
ご不便をおかけしますが、ご了承ください。
 
メールフォーム
TEL:075-604-5600(代)平日10:00-16:00




9/6 オープンキャンパス受付を開始しました。

9月6日(日)開催のオープンキャンパスの受付を開始しました。

新型コロナウイルス感染対策として、オープンキャンパスは事前予約制としています。
お申し込みは9/1(火)までです。
 
お申し込みフォーム
オープンキャンパス詳細
 
 

【重要】秋学期授業等に関する方針について

新型コロナウイルス感染症の感染防止策を十分に取った上で、種智院大学では9月21日(月)から秋学期の全ての授業を対面授業にて実施します。
学生・研究生・科目等履修生の皆さんは、本学に通学できるよう、各自で準備をお願いします。
 
なお、感染状況によっては、京都府のモニタリング指標の状況を参考にしながら学期の途中であっても一部または全ての授業をオンライン授業に切り替える場合があります。
その際は、本学ウェブサイトのインフォメーションで公開しますので、随時確認してください。
 
また、実習や実技を伴う科目に関しては、春学期同様、別途開講日や実施方法をお知らせする場合があります。

京都府のモニタリング指標の状況
 
 
1.実施スケジュール(学年暦通り)
・9月16日(水)~9月18日(金) 履修登録科目修正受付期間
・9月21日(月)~1月18日(月) 対面授業
・1月19日(火)~1月25日(月) 秋学期定期試験期間
※履修登録科目修正について、対象者のみ教務課からメールで受付方法をお知らせします。メールの指示に従い、期間内に修正を行ってください。
 
2.感染状況による本学の方針変更・更新等の確認について
これまで通り、本学ウェブサイトのインフォメーションで公開します。
同時にメールで同内容を送信しますので、確認してください。
 
種智院大学 インフォメーションページ
 
3.休講・補講情報の確認について
これまで通り、本学ウェブサイトの右上に表示されている「学生生活」から「ウェブ履修」を選択し、お知らせから確認してください。
 
種智院大学 ウェブ履修ページ
 
 

1 / 3412345...102030...最後 »