イベント・講座

rss

公開講座『平安京の慈善救済と仏教』について

以下の日程で公開講座『平安京の慈善救済と仏教』を開催します。
会場はキャンパスプラザ京都になります。
 
事前予約不要です。
 
平安京の慈善救済と仏教
講師:佐伯俊源(本学教授)
聴講無料・予約不要
 
日時:令和4年11月26日(土) 13:30~15:00
会場:キャンパスプラザ京都
→google Mapでみる
 
 
【講座概要】
 いつ、いかなる時、処においても、人間生活には老死、病気、貧困、災害などの様々な苦悩があり、またそれを救い乗り超えんとする公私の営みがありました。
 わが国古代以来の政治・文化の中心地であった平安京において、それは如何なる様相であったのでしょうか。
 仏教との関連も含めて、探究してみたいと思います。

第27回平安仏教学会学術大会開催について

第27回平安仏教学会学術大会が本学にて開催されます。
詳細は以下の通りです。
 
学会員以外の方の聴講も可能です。
 
令和4年12月9日(金)13時30分より
会場:種智院大学講義室401
(近鉄京都線・向島駅より徒歩10分)
google mapでみる
 
■研究発表(発表20分。質問5分)
 
1.江戸時代における三宝院流憲深方の広まり一金剛福寺旧蔵聖教に注目して一
西弥生(種智院大学准教授)
 
2.最澄撰『決権実論』と徳一撰『教授末学抄』の関係について
吉田慈順(天台宗典編纂所編輯員)
 
3.インド大乗仏教後期における泥製奉献品
那須真裕美(種智院大学非常勤講師)
 
4.義科『枕月集』をめぐる一、二の問題
一色皓湛(天台宗典編纂所編輯員)
  
5.『華厳五教章』の三性説についてー『摂大乗論世親釈』引用の問題点ー
早川道雄(種智院大学教授)
 
6.パーリ文法家モッガラーナと聖典
矢崎長潤(日本学術振興会特別研究員PD・広島大学)
 
 

日本密教学会 第55回学術大会のお知らせ

本学にて、日本密教学会 第55回学術大会並びに記念講演を開催します。
記念講演、研究発表は学会員以外の方も聴講が可能です。
 
日本密教学会 第55回学術大会並びに記念講演
会期:令和4年10月14日(金)・15日(土)
会場:種智院大学
 
~プログラム~
10月14日(金)
 
13:00 研究発表
1.空性と本尊瑜伽の関係性について ―ゲルク派における秘密集会聖者流の場合―
平岡宏一
2.Guhyamaṇitilaka第五章における観想法について
德重弘志
3.サンヴァラ系諸文献を収録する一帙の梵語写本について
倉西憲一
4.『理趣広経』「真言分」の蔵漢比較について ―「普賢瑜伽」「勝初瑜伽」との関係を中心に―
田中公明
 
15:00 記念講演
テーマ 「戦後、弘法大師像の変遷」
講師 松長有慶(日本密教学会名誉会員・高野山大学名誉教授)
 
※2022/10/12up
記念講演を予定されておりました、松長有慶先生(日本密教学会名誉会員・高野山大学名誉教授)ですが、体調不良のため急遽ご欠席となりました。
 
そのため、予定しておりました記念講演は、松長有慶先生のご講演テーマ 「戦後、弘法大師像の変遷」について、先生の講演原稿を代読する形式で行います。
 
司会  北尾隆心(種智院大学教授)
 
10月15日(土)
 
9:00 研究発表
1.『五智五蔵等秘密抄』における五蔵観
城光寺邦信
2.『普賢成就法』と『四百五十頌』
菊谷竜太
3.「勤王僧」と近代日本―月照の顕彰をめぐって
髙橋秀慧
4.明恵『解脱門義』にみる修行の階梯
米澤実江子
5.無量寿院長覚の信解因果
山本昌芳
6.『一切悪趣清浄儀軌』の改編について ―いわゆる『九仏頂タントラ』の典拠と編纂意図の考察―
名取玄喜
7.仁和寺における伝法院流相承をめぐって
赤塚祐道
8.密教経典の成立史 ―近年の国内外の研究成果を総括する
杉木恒彦
 
発表時間 20 分、質問時間 5 分。
 
お問い合わせ
日本密教学会第55回学術大会事務局
〒 612-8156 京都府京都市伏見区向島西定請 70 番地 種智院大学内
TEL 075-604-5600(代)

7/7(木)公開講座「仏教から見た世界の在り方」について

下記の日程で本学同窓会主催の公開講座を開催します。
 
種智院大学同窓会記念講演会
「仏教から見た世界の在り方」
講師 佐々木 閑 先生
   (花園大学文学部長)
 
日時:令和4年7月7日(木)
   15:00~16:00
場所:種智院大学講義室306
 
一般の方も聴講できます。
予約不要。
 
種智院大学同窓会
 
 

『修験学実践講座』受講生の募集について

令和4年度に田中利典客員教授によるに『修験学実践講座』を開講します。
聴講生の受講も可能です。
 
希望する方は本学聴講生の募集要項をご確認ください。
 

修験学実践講座
日本古来の山岳信仰に、神道や外来の仏教(特に密教)、道教などが習合して成立した我が国固有の民俗宗教が修験道である。
修験とは「実修実験」「修行得験」という意味を指し、実践を重んじる民衆宗教でもある。その概要を学ぶとともに、夏休み中に実習講義として、奈良の吉野・大峰山での登山(峯入り)修行を実施する。
吉野・大峰山は、日本を代表する修験道の聖地で、山に入って修行することを峯入(みねい)り修行というがその根本聖地である。
修験道は聖なる山岳を舞台とする大自然の宗教であり、神仏習合を基盤とし、密教とも深く関わりつつ展開してきた、日本の民俗宗教の真髄ともいえる。
その修験道について、講義形式による座学と合わせて、実際の峯入り修行の体験を通じて、日本の宗教文化について理解を深める。宗教は頭だけで理解するのではなく、身体性を持つ体験を通じて体感・体得することが大切である。
 
実習講義は8月中の2泊3日の行程で実施する(今年度は8/17~8/18乃至19の2日間乃至3日間で実施予定・・・実施時の状況に応じて変更)。
1.まず事前学習として修験道の概要について講義を行う。
2.つづいて登山修行を行う。
3.修行後に体験で得たことの総括討議を行う。
4.最後にレポートにまとめて提出する。
 
※1.今年は大峯峯中の峯入ルートを計画している。場所は未定。
※2.実習費:4~5万円程度。
※3.受講人数:10名程度以上。一定数に満たない場合は開講しない場合もある。
開講期間 事前学習 令和3年4月26日19日、5月17日・31日、6月14日・28日、7月12日・26日
開講時間 14:40~16:10
     体験実習 令和4年8月17日~8月19日19日~21日(2泊3日)
講  師 田中利典 客員教授
場  所 事前学習 種智院大学

令和4年度聴講生の募集について
 
 

『真言密教の経典を読む』受講生の募集について

令和4年度秋学期に密教経典の菩提心思想の理解を目的に『真言密教の経典を読むー菩提心思想を中心としてー』を開講します。
聴講生の受講も可能です。
 
希望する方は本学聴講生の募集要項をご確認ください。
 

真言密教の経典を読む
講師 大塚伸夫(大正大学仏教学部教授)
密教経典とくに大日経・金剛頂経・理趣経に説かれる菩提心思想について講義する。
 
『大日経』
1.『大日経』法身説法の構造
2.『大日経』胎蔵法の真言瑜伽観法と胎蔵曼荼羅の出生
3.『大日経』菩提と如実知自心
4.『大日経』如実知自心と心品転昇過程
5.『大日経』心品転昇過程と曼荼羅諸尊、曼荼羅諸尊の五種三昧道
6.『金剛頂経』の基礎知識、教主・毘盧遮那如来
7.『金剛頂経』大毘盧遮那
8.『金剛頂経』本有本覚と五相成身観の前半
9.『金剛頂経』本有本覚と五相成身観の後半
10.『金剛頂経』一切如来たちの加持と金剛界如来の成道
11.『理趣経』の経題名の解説
12.『理趣経』類本、『理趣経』の章段構成とその要点
13.『理趣経』序分(縁起分)の構造
14.『理趣経』初段「十七清浄句」の示す思想(煩悩即菩提)
15.『理趣経』第十一段四種本有性、および三経典における如来蔵思想の密教的展開についての総括
開講期間令和5年2月6日(月)~8日(水)
開講時間 9:00~17:50
場  所 種智院大学 講義室204

令和4年度聴講生の募集について

『チベット仏典講読』受講生の募集について

令和4年度春学期に平岡宏一客員教授による下記の講義を開講します。
聴講生の受講も可能です。
 
希望する方は本学聴講生の募集要項をご確認ください。
 

チベット仏典講読~ツォンカパ著『入中論広釈“密意明解”』を読む
ツォンカパが遷化の前年1418年に著した『入中論広釈“密意明解”』を読む。
講師の平岡は、この著書をインドのギュメ密教学問寺に留学中(1988~1989)に読む機会を得た。また、日本に帰国後、東洋文庫に在籍しておられたデプン寺ゴマン学堂第七十五世座主テンパ・ゲルツェン師(1932~2012)に就き、1992年から1997年までの五年間を掛けて全体を伝授頂いた。密教を理解するためには、波羅蜜乗の考え方を学ぶことは重要である。
今回の講義では先生方の伝授に基づき、ツォンカパの『入中論』の註釈を冒頭より和訳してわかりやすく解説する。
開講期間令和4年4月13日(水)~7月27日(水) 毎週水曜日 全15回
開講時間 16:20~17:50
場  所 種智院大学 講義室204

教員紹介(平岡宏一客員教授)
令和4年度聴講生の募集について
 
 

『スタディツアー 南インド』受講生の募集について


 
 
令和4年度秋学期に開講する集中講義『スタディツアー 龍樹菩薩ゆかりの地と南インドの旅』の受講生を募集します。
南インドに残る密教遺跡や仏跡、博物館などを巡ります。
概要は下記の通りです。
 
聴講生の受講も可能です。
在学生、聴講生の登録は秋学期にも受け付けます。
 
聴講生の申し込みは下記リンク先からご確認ください。
 

スタディツアー概要
ツアーテーマ「龍樹菩薩ゆかりの地と南インドの旅」
日本人が最も一般的に訪れるであろう仏跡は北インドにありますが、南インドは同じインドでも文化が北インドと全く異なる地域です。
今回のスタディツアーでは南インド独自のヒンドゥー教文化を体験しつつ、特に仏教の『空』の思想を大成させた龍樹ゆかりの地ナーガルジュナコンダ、そして真言密教の教えが初めてこの世界に伝えられた場所である南天鉄塔のモデルと考えられているアマラヴァティ井関を訪問したいと思います。
仏教は元々インド発祥の宗教であり、特に日本の密教の元となった7世紀ごろの中期インド密教はヒンドゥー教やインドの様々な土着信仰の影響を強く受けています。したがって密教を深く理解するためには仏教を含めたインドの宗教・文化を理解することが重要です。
本講座では事前学習と共に実際にインドの聖地・博物館等を訪れ、インドの宗教・文化を直接体験してもらいます。事前学習は集中講義として、集中講義期間中(2023年2月上旬の2日間)に実施します。
なお詳しいツアー内容(見学地・日程・費用等)については事前説明会を開催しますので、受講希望者は必ず参加して下さい。
費 用 412,000円(参加人数によって減額される可能性があります)
最少催行人数 8名
講義の登録について 在学生:春学期履修登録期間内に登録してください。
聴講生:秋学期聴講生募集期間内にお申し込みください。
※登録後、予定がつかなくなった場合は早急に大学までご連絡ください。
ツアーの申し込み ツアー料金等の旅行会社への申込みは9月末から始め、10月末を締め切りとする予定です。
参加希望者にはそれまでに旅行会社への申込書を配布します。

教員紹介(松本峰哲教授)
聴講生の募集について

『ネパール仏教講座』受講生の募集について

令和4年度秋学期にネパール仏教の思想・儀礼・文化の概観理解を目的に『ネパール仏教講座』を開講します。
聴講生の受講も可能です。
 
希望する方は本学聴講生の募集要項をご確認ください。
 

ネパール仏教講座
本講義では、ネパールの仏教を知るために入り口である。
釈迦生誕地、ルンビニーは現在ネパールの南、インドと接しており、首都カトマンズから約400キロの距離である。カトマンズ盆地には、400に登る仏教寺院が点在し、ネワール民族が大乗仏教・密教を実践している。彼らはチベット・ビルマ語族に属するネワール語を母語としているため、その仏教を「ネワール仏教」と称する。
ネパール仏教は13世紀初頭にインドで滅んだサンスクリット語を中心とするインド仏教・密教を継承する唯一の仏教であり、且つネパールを代表する仏教でもあるために「ネパール仏教」とも呼ばれている。
ネパール仏教の特徴は、今日でも経典、儀礼次第など全てがサンスクリット語で行われており、陀羅尼の読誦、曼荼羅儀軌の実践も行われ、それに基づいた宗教文化も定着している。
その他、現在のネパールではチベット仏教と共に近年ビルマやスリランカから再流入したテーラヴァーダ仏教も普及しているがそれについても学ぶ。
開講期間令和5年1月30日(月)~2月1日(水)
開講時間 9:00~17:50
場  所 種智院大学 講義室204

  
 
 
教員紹介(スダン・シャキャ教授)
令和4年度聴講生の募集について

令和4度 聴講生・科目等履修生の募集について

令和4年度秋学期 聴講生・科目等履修生を下記の日程で募集します。


出願期間 令和4年3月18日(金)~3月30日(水)必着


聴講生とは本学で開講される講義から好きなものを選び、受講するものです。
登録料は5000円、1単位11000円で半期15回の講義を聴講することができます。


科目等履修生とは受講した講義で試験を受け、合格すれば単位が認定されるものです。
登録料は5000円、受講料は1単位13000円です。


※新型コロナウイルス感染症拡大防止を目的に、秋学期中に対面授業から遠隔授業に切り替わることがあります。
遠隔授業ではMicrosoft Teamsを利用し、原則音声のみの授業になりますのでご了承ください。
遠隔授業の受講方法については、遠隔授業決定時にお知らせします。
また、聴講料の返金はできませんので、あらかじめご了承ください。



聴講生・科目等履修生は本学図書館の利用も可能です。
詳細は下記リンク先からご確認ください。
願書が必要な方は教務課までご連絡ください。


聴講生 詳細
科目等履修生 詳細


●聴講生・科目等履修生の願書請求(無料)
種智院大学 教務課
メールフォーム
TEL:075-604-5600(代)平日10:00-16:00




1 / 912345...最後 »