インフォメーション

rss

理性院流太元法伝授第5会のご案内

下記のとおり本伝授最終会となります、第5会を開催いたします。
ご多用中のこととは存じますが、ご出席いただきますよう、ご案内申し上げます。
 
また、新型コロナウイルス感染防止のため、受付等におきまして、前回同様の対応をさせていただきます。
下記注意事項をご確認の上、ご了解いただきたく存じます。
どうぞよろしくお願い申し上げます。
 
 
1.日時:
  令和2年8月26日(水)
   受付 12時(出席確認・資料配付等)
   伝授 13時~16時
  27日(木)
   受付 9時
   伝授 9時30分~16時
 
2.内容:
  26日太元次第護摩諸作法承前(村上了海僧正)
  27日太元次第聖天供作法(鈴木英全僧正)
 
3.会場:
  種智院大学3階 講義室306(予備伝授室 講義室305)
 
4.衣体:
  黒衣・如法衣・念珠
 
5.次第:
  『太元法諸次第』(前回配付のもの)
 
6.資料:
  『太元法諸次第』冊子(前回配付のもの)
 
※出欠回答期日:
  8月19日(水)
 
 
備考・注意事項:
(1) 新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、以下の点にご協力ねがいます。なお、本伝授は「大学等の再開に向けた感染症拡大予防のためのガイドライン」(京都府)に準拠させていただきますことをご了承下さい。
 1.ご来学の際は、マスクを着用し、入り口で手指のアルコール消毒して下さい。異例ながら、伝授中もマスクは着用して下さい。
 2.37.5度以上の発熱、体調不良の場合は、入場をご遠慮下さい。また、それを本学が認めた場合、退席をお願いすることがあります。
 3.当日は、教職員の感染防止措置をとらせていただきます。
 4.更衣室は、複数開設しますので、密集、接近にご注意ください。
 5.伝授道場ご着席は、基本的に三名掛けはお一人、四名掛けは二名以内で、お隣・前後との間隔を十分確保くださるようお願いします。
 6.講義室306の収容定員は120名とさせていただきます。それを超過した場合、予備伝授室で中継映像による受法とさせていただます。なお伝授室の振り分けは、原則、初日の先着順とさせていただきます。
(2) 今回の伝授は、新型コロナウイルス感染症等の事情により、ご欠席された方がご希望の場合、DVD等の頒布を有料で予定しています。
(3) 二日目の昼食は、当方にてご用意いたします。ご出欠に併せて昼食の要・不要を必ずご回答下さい。
(4) 伝授中、携帯電話等の電源はお切りになるか、マナーモードにして下さい。
(5) 喫煙は、指定の場所でお願いします。
(6) 宿泊は、各自でご予約下さい。
(7) お荷物等を大学に宅配便で送付、およびご自坊等に配達希望の場合は、返信葉書の希望欄にそれぞれご記入下さい。
 ただし時節柄、数量によって集荷・配達に時間がかかる場合がありますので、あらかじめご了承の上、ご利用下さい。
(8) 駐車場には限りがありますので、公共交通機関をご利用下さい。
 (やむを得ず自動車にて来学ご希望の方は、返信葉書の「駐車場希望」欄に○印をお付け下さい。駐車場内における事故等の責任は負いかねます)
(9) 電車でお越しの際は、南回りの指定通学路をご使用願います。
 タクシー等をご利用の場合、マンダラ広場への乗り入れはご遠慮下さい。
(10) 今後の伝授とも、各会ごとに出席を確認させていただきますので、返信葉書にて期日までに必ずご回答下さい。
(11)その他、ご質問等ございましたら担当係までご連絡下さい。
 
 
 
お問い合わせ先
種智院大学 事教講伝所
tel:075-604-5600 / Fax:075-604-5610
新型コロナ感染症対策として時短業務を実施しています。
電話の問い合わせは平日10:00〜16:00
また、夏期休暇期間のためすぐにご回答しかねる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

7/21月並御影供のライブ配信について

7/21(火)の月並御影供も引き続きライブ配信を行います。
 
月並御影供は、弘法大師の月命日(21日)に営まれる、真言宗にとっては大切な法要です。
5月から、宗教部教職員で次第を変更して勤行し、その様子をネットで配信しています。
時間は、授業に差支えがないよう、お昼休みの時間です。略勤行の後に10分程度の「ひと・こころ・いのちの講話」も行います。
  
月並御影供 配信日時
7月21日
12:15~12:50
導師:村主康瑞(学長)
講話:村主康瑞(学長)
 

6/19月並御影供のライブ配信について

6/19(金)の月並御影供は5月に引き続きライブ配信を行います。
 
月並御影供は、弘法大師の月命日(21日)に営まれる、真言宗にとっては大切な法要です。
5月から、宗教部教職員で次第を変更して勤行し、その様子をネットで配信しています。
時間は、授業に差支えがないよう、お昼休みの時間です。略勤行の後に10分程度の「ひと・こころ・いのちの法話」も行います。
  
月並御影供 配信日時
6月19日
12:15~12:50
導師:スダン・シャキャ(仏教学科教授)
法話:西 弥生(仏教学科講師)

理性院流太元法伝授第4会のご案内

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、当初予定しておりました伝授の予定を変更しご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。
このたび、各所との調整のもと、下記のとおり第4会を開催いたします。ご多用中のこととは存じますが、ご出席いただきますよう、ご案内申し上げます。
 
また、新型コロナウイルス感染防止のため、受付等におきまして、従来とは異なる対応となる場合もあります。別記注意事項をご確認の上、ご了解いただきたく存じます。
また、当初はこの4会で成満の予定でしたが、より詳しく伝授いたしたく、引き続き第5会を開筵いたすことになりました。併せてよろしくお願い申し上げます。
 
1. 日時:
令和2年6月25日(木)
   受付 12:00〜(出席確認・資料配付等)
   伝授 13:00~16:00
  26日(金)
   受付 9:00
   伝授 9:30~16:00
 
2. 内容:両日とも 太元次第護摩諸作法(村上了海僧正)
 
3. 会場:種智院大学 講義室306(予備伝授室 講義室305)
 
4. 衣体:黒衣・如法衣・念珠
 
5. 次第:『太元法諸次第』(前回配付のもの)
 
6. 資料:『太元法諸次第』冊子(前回配付のもの)
 
※出欠回答期日:6月17日(水)
 
※備考:
(1) 新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、以下の点にご協力ねがいます。
なお、本伝授は「大学等の再開に向けた感染症拡大予防のためのガイドライン」(京都府)に準拠させていただきますことをご了承下さい。
 1 ご来学の際は、マスクを着用し、入り口で手指のアルコール消毒して下さい。異例ながら、伝授中もマスクは着用して下さい。
 2 37.5度以上の発熱、体調不良の場合は、入場をご遠慮下さい。また、それを本学が認めた場合、退席をお願いすることがあります。
 3 当日は、教職員の感染防止措置をとらせていただきます。
 4 更衣室は、複数開設しますので、密集、接近にご注意ください。
 5 伝授道場ご着席は、基本的に三名掛けはお一人、四名掛けは二名以内で、お隣・前後との間隔を十分確保くださるようお願いします。
 6 義室306の収容定員は120名とさせていただきます。それを超過した場合、予備伝授室で中継映像による受法とさせていただます。なお伝授室の振り分けは、原則、初日の先着順とさせていただきます。
 
そのほかの備考・注意事項は該当者に郵送(5月29日発送)でお知らせしています。
必ず郵送物をご確認ください。

  
お問い合わせ先
種智院大学 事教講伝所
tel:075-604-5600 / Fax:075-604-5610
電話の問い合わせは平日10:00〜16:00
 
 
 

理性院流太元法伝授第四会の延期について

理性院流太元法伝授第四会の延期について
 
理性院流太元法伝授第4会は、4月14日(火)・15日(水)とご案内しておりましたが、新型コロナウィルス感染症拡大防止のため、延期させていただくことにいたしました。
諸大徳には、ご迷惑をおかけしますが、状況を鑑み何とぞご了解賜りたく存じます。
なお、今後の状況にもよりますが、次の伝授日程は決まりしだい、改めてお知らせいたします。
 
お問合せ先
種智院大学事教講伝所
Tel:075-604-5600(代)
平日9:00-17:00
 
 

    

理性院流太元法伝授第四会のご案内

理性院流太元法伝授第四会の延期について(20.3.19追記)
 
 
理性院流太元法伝授第四会を下記の日程で開催します。
※申し込みはすでに締め切っております。

一、日程 令和2年
4月14日(火)・15日(水)
二、問い合わせ先 種智院大学 事教講伝所
Tel:075-604-5600 (平日9時~17時)

理性院流太元法伝授第三会のご案内

理性院流太元法伝授第三会を下記の日程で開催します。
※申し込みはすでに締め切っております。

一、日程 令和2年
2月26日(水) 13時~16時30分(受付12時)
27日(木)9時30分~16時(受付9時)
二、会所 種智院大学 3階 講義室306
三、持ち物 衣体 (黒衣・如法衣・念珠)

次第・資料(『太元法諸次第』次第と冊子)

四、問い合わせ先 種智院大学 事教講伝所
Tel:075-604-5600 (平日9時~17時)

第四会の日程を公開しました(20.01.27追記)

理性院流太元法伝授許可(第一会)時間等のご案内(概要)

理性院流太元法伝授許可(第一会)の時間等が確定しましたのでお知らせします。
この伝授はすでに申し込みを締め切っています。
この情報は申込者の便宜を図るものです。詳細は郵便でお送りしていますので、必ずそちらをご確認ください。
 
 
Ⅰ.日時:令和元年10月10日(木)
  受付 8:30
  集会 9:30
  入壇 10:00~17:00(予定)
 
  予備日(了解者のみ)
  10月8日(火)
  受付 9:00
  集会 9:30
  入壇 10:00~12:00(予定)
 
Ⅱ.道場:総本山醍醐寺三宝院本堂(受付三宝院玄関)googleマップ
  京都市伏見区醍醐東大路町22
 
Ⅲ.衣体:黒衣・如法衣・念珠・朱扇※中啓ではありません
 

    ※出欠回答期日: 9月30日(月)※当日消印有効 窓口は17:00まで

 
  
 
注意事項
(1)10月8日の予備日は、10日に支障がある方の入壇日です。この日をご希望の方は、必ず事前にご相談下さい。無断の場合、受法していただけません。
(2)10日は簡単な昼食をご用意します。ご持参には及びません。
(3)お荷物等は醍醐寺様には絶対に送付しないで下さい。なお、種智院大学に送られてもお持ちすることはできません。
(4)今回、受者用の駐車場はありません。公共交通機関をご利用下さい。
 
その他、ご質問等は、種智院大学の下記担当係までご連絡下さい。

    醍醐寺様には、絶対にご質問なさらないで下さい。


 
お問い合わせ先
〒612-8156
京都市伏見区向島西定請70番地
種智院大学事教講伝所
 
TEL:075-604-5600(代)
FAX:075-604-5610
電話は平日9:00~17:00 担当者不在の場合がありますので余裕を持ってご連絡ください。

理性院流太元法伝授における許可(第一会)の日程について

理性院流太元法伝授の許可(第一会)は10月10日に行う予定ですが、諸般の事情で不都合な方に対し、仲田醍醐寺座主の特別の計らいとして10月8日に受法していただけるようになりました。
ただし、この8日の入壇は全真言宗青年連盟結集大会等やむを得ない支障がある方を対象としていますので、それ以外の方は10日に受法してください。
 
ご希望の方は申込書の備考欄にその旨ご記入願います。
申し込みは下記の期間で受け付けています。
 
詳細は本学事教講伝所までお問い合わせください。
 
  
許可(第一会)特別措置申込期間
令和元年9月5日(木)~9月20日(金)※当日消印有効
 
第一会について詳細を公開しました。(19.09.25追記)
こちらをクリックし、リンク先をご確認ください。
 

理性院流太元法伝授開筵のご案内

種智院大学では、下記の通り理性院流に相承する太元法の伝授を開筵することにいたしました。
ご承知の通り、太元法は入唐八家の一人、小栗栖常暁によって請来され、天下の平安を祈願する秘法として、醍醐理性院流を中心に相伝されてきました。
残念なことに先の大戦に際して、敵国降伏・戦勝祈願のために修され、戦争の印象が強くなりましたが、本来は天下国家の安泰除障を祈るものです。
このほど、令和元年5月1日、今上陛下が践祚されました。
これに伴い、改めて平和を祈る修法としての太元法を顧みて、次代に伝えられればと存じます。

このたびの伝授は、大阿には総本山醍醐寺座主仲田順和大僧正を請し、伝授大阿闍梨として前高野山金剛峯寺座主中西啓寶大僧正ならびに、伝授阿闍梨には前高野山真言宗総務部長吉井恵貫僧正・種智院大学元教授添野智譲僧正他四方に伝授いただきます。
次第は、教王護国寺法主の松永昇道大僧正のものを複製し、資料には『続真言宗全書』から抜粋したものなどを使用します。

この機会に、平和への祈りとしての太元法を再確認されるためにも、ぜひとも諸大徳のご受法をお勧め申し上げます。

――記――

一、日程 令和元年~2年度中全五会

第一会(理性院流許可)
令和元年10月10日(木・友引)
※日程について追記があります。(19.09.04追記)
こちらをクリックし、リンク先をご確認ください。
第一会について詳細を公開しました。(19.09.25追記)
こちらをクリックし、リンク先をご確認ください。

第二会(太元法許可・伝授)
12月5日(木)13時
6日(金・友引)9時30分~16時
※日時の詳細は決まり次第申込者宛通知
 
第三会の日程を公開しました(19.12.09追記)
第四会の日程を公開しました(20.01.27追記)
第四会の延期について(20.3.19追記)
第四会の開催について(20.6.1追記)
第五会の開催について(20.8.4追記)

二、会所 第一会(許可)総本山醍醐寺
第二会以降種智院大学 3階 講義室306
三、 大阿闍梨 仲田順和大僧正(総本山醍醐寺座主・大本山三宝院門跡)

伝授大阿闍梨
中西啓寶大僧正(前高野山金剛峯寺座主)
吉井恵貫僧正(前高野山真言宗総務部長・西宮市栄潤寺住職)
添野智譲僧正(種智院大学元教授・茨木市大門寺住職)
村上了海僧正(福岡県篠栗町呑山観音寺住職)

四、募集人数 100名
五、次第・資料 ①次第『太元法諸次第』(6万円支具料と同時入金可)
②資料『太元御修法伝授具書』等
※次第をお持ちでない方はご購入下さい。別途次第費が必要です。
六、支具料 20万円(次第費・資料費別)
七、申込方法 別紙を郵送又はFAXで送付、支具料の振込を以て申込受付とします。

振込先ゆうちょ銀行記号番号 00910-7-89990
加入者名 種智院大学

八、申込期日 令和元年9月20日(金)※当日消印有効

【申込先】種智院大学事教講伝所
京都市伏見区向島西定請70(〒612-8156)
TEL 075-604-5600(代) FAX 075-604-5610

九、申込書 理性院流太元法伝授申込書
(クリックすると別ページでPDFが開きます。ダウンロードしてご使用ください。)
1 / 3123